各種委員会の構成と役割

国際渉外委員会

委員長 藤原 卓

前期に続いて、国際渉外委員会を担当いたします。委員会の目標として日本小児歯科学会(JSPD)の国際的認知度の向上を掲げました。 2015年5月の東京での第10回アジア小児歯科学会大会(PDAA2016)は国外から400人以上という予想以上の参加者を得て、対外的にJSPDの実力をそれなりに示せたと感じております。また小生が2016年度からIAPDのBoard Directorを務めることになり、 IAPDのBoard meetingをPDAAに併せて誘致するとともに、来日したIAPDのBoard memberにPDAA2016にも参加してもらい、JSPDの存在感をアピールすることができました。

今期の最も大きな課題は2023年のIAPD大会の日本誘致といえます。来年2017年10月にチリのサンチャゴで行われるIAPD大会で決定される予定で、それにむけて立候補が今期の大きな活動目標となります。
また引き続きJSPDの国際的地位向上に向けて、国際学会の会員増と参加促進を図って行きたいと考えております。

活動方針

1.IAPD2023大会の日本誘致活動

2.会員の小児歯科関連の国際学会への参加促進

(ア)
国際学会入会会員数の増加
(イ)
国際学会大会への参加促進
(ウ)
その他の国際学会に関するトピック提供

3.国際学会との事務窓口(IAPD、 PDAA)

4.韓国小児歯科学会との学術交流

構成

委員長 藤原 卓
副委員長 尾崎正雄
委員 嘉ノ海龍三、苅部洋行、河上智美、木本茂成、齊藤正人、清水武彦、
新谷誠康、黒木淳子、濱田義彦

IAPD2017 サンチャゴ(チリ)大会参加登録ガイド

10月にチリのサンチャゴで開催されるIAPD2017の参加登録が始まっています。
6月17日まではEarly Registrationで割引価格です。またIAPD会員はさらに$150の割引があります。
参加登録は左にバナーが貼ってある大会Webサイトから行います。
https://www.iapdchile2017.cl

詳しいやり方は以下のpdfファイルをダウンロードして、参照下さい。

また演題登録は4月14日が〆切です。
発表したいけれど、良く分からないという皆さまは国際渉外委員会がサポートいたしますので、
jspd_int@ml.nagasaki-u.ac.jp
まで、ご相談下さい。その他わからないことがあればなんでも結構です。

2023年のIAPD大会の日本誘致に向けて、多数の日本小児歯科学会員の参加をお願いいたします。

word_icon How to Register IAPD2017 (PDF/1.68MB)

IAPDに入会しましょう

2023年のIAPD大会の日本誘致に向けて、多数の日本小児歯科学会員の入会をお願いいたします。
会費は2年で108ユーロ、大学院生は半額です。
入会すると、IAPD大会の参加費が安くなり(チリ大会では150ドル)、またWebサイトから多数のレクチャー動画を見ることができるなど沢山のメリットがあります。


入会は左にあるIAPDのバナーからリンクされているIAPDのWebサイトで行います。
詳しいやり方は以下のpdfファイルをダウンロードして、参照下さい。

word_icon How to Enter IAPD (PDF/1.34MB)

第58回 韓国小児歯科学会 大会情報

学術交流協定により、JSPDメンバーの参加費は免除です。
多くの先生がたの発表、参加をお願いします。

日 時: 2017年4月22(土)〜23(日)
場 所: COEX 4F Conference Room (south), ソウル
Samseong-dong, Gangnam-gu, Seoul, Korea
http://www.coex.co.kr

※クリックすると拡大表示されます。
 
演題申込:締め切り 2017年3月15日
添付のWord ファイルに必要事項を入力し、国際渉外委員会M L
jspd_int@ml.nagasaki-u.ac.jp
まで送付して下さい。
発表してみたいけれど、良く分からないという方は
上記MLにメールをいただければ国際渉外委員会がサポートいたします。
 
word_icon 演題申込用紙 (Word/42KB)