各種委員会の構成と役割

和文誌編集委員会

委員長 岩本 勉

和文誌編集委員会は,公益社団法人日本小児歯科学会が発行する機関紙の「小児歯科学雑誌」の編集作業を主に行います。小児歯科学雑誌は,年5回発行しておりますが,うち2回は本学会大会抄録および地方会大会抄録の特集(増刊号)で構成します。本雑誌の内容は,原著,症例報告,総説,特集と大会抄録等を掲載しています。

本誌は1963年の第1巻1号の創刊からまもなく60周年を向かえようとしておりますが,この長い歴史の中で,わが国における小児歯科の発展の一翼を担っています。近年は国際化の煽りを受け,英文での論文作成が増えてきておりますが,文化的背景を含んだ母国語での論理的思考,論述,論法は,小児医療が社会の実情や小児を取り巻く環境によって大きく影響を受けることからも,わが国における小児歯科の臨床および研究,教育において,重要であることは,論を俟たないことと思います。

時代の流れでもありますが,会員の皆様の多くの声に応え,58巻1号から小児歯科学雑誌を電子ジャーナルといたしました。様々な分野で情報通信技術が高度化し,われわれのライフスタイルが急激に変化してきていることが背景にありますが,いつでも,どこでも,移動中にでも,多くの情報を携帯型端末でみることができる時代となり,その潮流に乗ることが,より小児歯科の発展に貢献できるものとも考えます。今後は電子化の強みを活かし,動画での情報共有など新たな取り組みにも挑戦できればとも考えております。

文末ではございますが,これまで本誌を支えて頂きました小児歯科学会会員の皆様方に感謝の意を示すと共に,これまで以上に本誌が有益な情報を提供できる学術雑誌になることを小児歯科学会会員の皆様方と共に目指していきたいと思います。

今後の発展の為に,皆様方からの忌憚なきご意見,ご要望をお寄せ頂き,さらに活発な論文投稿のご協力を頂きますよう,何卒よろしくお願い申し上げます。

構成

委員長 岩本 勉
副委員長 大須賀 直人
委員 岩崎 智憲、内川 喜盛、柿野 聡子、北村 尚正、清水 武彦、白川 哲夫
仲野 和彦、森川 和政