各種委員会の構成と役割

表彰選考委員会

−町田賞の新設−

委員長 牧 憲司

小児歯科は、将来を担う子ども達の歯と口腔の健康を守り、健全な口腔機能の発達を促し、生涯にわたる全身の健康とQOLの向上につながる大切な役割を担っています。 そこで日本小児歯科学会では、毎年発表された小児歯科学に関する優れた研究成果を対象として、とくに優れた研究者に対して以下の賞を授与することによって、さらなる学術的な発展と小児歯科医療の向上に寄与するものであります。




1.
「学会賞」
学会への貢献度が高い卓越した指導者を表彰
2.
「学術賞 LION AWARD」
優れた研究成果や発表業績を上げた研究者を表彰
3.
「奨励賞」
研究内容が優れている将来有望な若手研究者を対象
4.
「デンツプライ賞」
優れた論文を発表した大学院在学中の学生を対象
5.
「優秀論文賞」
1)小児歯科学雑誌優秀論文賞
当学会が発行する機関誌小児歯科学雑誌、に掲載された論文の中から、とくに優秀なもの
2)PEDIATRIC DENTAL JOURNAL優秀論文賞
PDJ誌に掲載された論文の中からとくに優秀なもの
6.
「町田賞」
元会長町田幸雄先生の学会へのご寄付を原資に26年度から新設された賞
1)優秀論文賞
小児歯科学雑誌、PDJをはじめとした小児歯科関連の学術雑誌に掲載された咬合誘導関連の優秀論文の筆頭著者を表彰
2)優秀学会発表賞
小児歯科学会の学術大会(本大会)において発表された咬合誘導関連の優秀演題の筆頭演者を表彰
7.
「松風アワード」
26年度新設。小児歯科学会の学術大会(本大会)において発表された優秀演題の筆頭演者を表彰

選考方法につきましては、小児歯科学会理事あるいは学会事務局におたずね下さい。

構成

委員長 牧 憲司
副委員長 白川 哲夫
委員 有田 憲司、岩本 勉、木本 茂成、仲野 道代、山ア 要一

授賞者報告・選考スケジュール