各種委員会の構成と役割

小児保健委員会

委員長 早川 龍

小児保健委員会は、学会と一般の方や会員の方々を相互に結ぶ、懸け橋の役割をする委員会です。実際には関係団体の会議に参加、そして小児歯科学会としてできることを発信します。また、外郭団体に対する原稿の執筆などを通じ、より多くの人に日本小児歯科学会の考え方などを伝える役割も担っております。さらには関連団体の委員会に委員を派遣、意見を拝聴し、学会内に伝達、また学会内の意見を外郭団体に発信することにより、子どもたちがよりよい環境で成長できるよう努めております。このように子どもたちが安全に、また健全に成長し、QOLの高い日常が過ごせるようにすることを目指しております。

この委員会では、多岐にわたる諸問題があるなか、子どもたちの成育環境がより良くなるよう、多職種の皆様と連携し協働してまいります。

活動内容

1.
健やか親子21(第2次)推進協議会への参画
2.
小児科と小児歯科の保健検討員会への参画
3.
医療安全調査機構への参画(日本歯科医師会主催検討会などへ委員の派遣)
4.
「こどもの健康週間」事業の推進協力
5.
「保育と保健」の原稿執筆
6.
妊婦歯科健診の推進
7.
「成育基本法」制定に向けての対応
8.
子ども虐待防止への対応について
9.
日本学校歯科医会と日本小児歯科学会との連携
10.
日本歯科医学会内の他の専門分科会との連携
11.
日本歯科医師会との協働
12.
食育推進普及のための栄養士会との連携
13.
その他の外郭団体との連携・協働

構成

委員長 早川 龍
副委員長 浜野 美幸
委員 井上 美津子、伊田 博、岩本 勉、岡 暁子、小方 清和、奥 猛志、齊藤 正人
佐藤 厚、島村 和宏、清水 武彦、遠山 孝之、弘中 祥司、星野 倫範
宮新 美智世、森川 和政、諸星 孝夫