各種委員会の構成と役割

地方会連絡協議会

委員長 奥 猛志

「むし歯の洪水の時代」と言われた約30年前、臨床を中心として学会を開催する目的で6地方会大会が始まりました。各地方会には幹事会が構成されて、時代とともに、現在は大学と開業医が共に協力し合って、大会のみならず各地方での活動が独自に活発におこなわれてきています。

一方、急速な少子高齢化が進んでいる現在、小児歯科学会として意見を社会に発信しなければ子どもたちの健やかな環境が守られない時代になってまいりました。

そこで、平成26・27年度地方会連絡協議会では、各地方会の現状を把握すべく情報交換の場を密にとり、組織・活動の善い部分を共感しあい共通認識を高め、本会とともに地域・社会への活動を活性化させてまいりたいと思います。

地方会連絡協議会の活動にご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

活動目的

1.
公益法人に伴う地方会運営の改正
2.
認証医制度の普及・啓発への協力
3.
学会員数増大に向けての事業
4.
小児歯科医療の地域格差の是正
5.
大学と開業医との連携強化
6.
地方会大会発表における医療倫理への対応
7.
地方会大会での専門医症例発表方法の画一化への協力
8.
認定歯科衛生士の増大と審査の改善への協力
9.
各地方会大会日程・内容調整
10.
各地方会運営・活動活性化への協力
11.
各地方会に生じた問題解決への協力
12.
情報交換により地方会の現状把握
13.
地方会組織・活動について共通認識の確立
14.
地域・社会に向けて共同活動構築

構成

委員長 奥 猛志
副委員長 田中 英一
委員 有田 憲司、井上 悟、大須賀 直人、尾崎 正雄、鈴木 広幸
田中 晃伸、早川 龍