各種委員会の構成と役割

地方会連絡協議会

委員長 早川 龍

日本小児歯科学会では昭和56年まで一年に2回、全国大会を開催しておりました。昭和57年からは春が全国大会、秋は地方会大会という運営になり、昭和60年には全国6地方会大会が秋に開催されるようになりました。地方会大会は、地元で行うことと同時に臨床を多く学べる大会となることを目的として開催しております。地方会及び地方大会は、所属地方の大学と開業医により構成される幹事によって運営されており、大会のみならず各地方での公開講座、子どもの健康週間事業への参画など、様々な活動も活発におこなわれてきております。

一方子どもを取り巻く環境は種々の変化が起こっております、少子化に伴う変化としては、過疎による閉校のための生活環境が変化、またこの度のコロナウイルスによる感染予防対策においては、考えられないほどの生活に変化を強いられております。小児歯科学会としても地域に根差した情報の発信をもって、子どもたちの健やかな成長の一助となるように努めなければなりません。

令和2・3年度地方会連絡協議会では、新設されました災害対策委員会と共同し、各地方会の現状を把握すべく情報交換の場を作りたいと考えております。そのうえで組織・活動・防災・災害対策の善い部分を共感しあい、共通認識を高め、本会とともに地域・社会への活動を活性化させ、貢献できるよう心がけてまいりたいと思います。

地方会連絡協議会の活動にご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

活動目的

1.
公益法人に伴う地方会運営の改正
2.
日本小児歯科学会、専門医制度の普及・啓発への協力
3.
学会員数増大に向けての事業
4.
小児歯科医療の地域格差の是正
5.
大学と開業医との連携強化
6.
地方会大会発表における医療倫理への対応
7.
地方会大会での専門医症例発表方法の画一化への協力
8.
認定歯科衛生士の増大と審査の改善への協力
9.
各地方会大会日程・内容調整
10.
各地方会運営・活動活性化への協力
11.
各地方会に生じた問題解決への協力
12.
情報交換により地方会の現状把握
13.
地方会組織・活動について共通認識の確立
14.
地域・社会に向けて共同活動構築
15.
防災・災害対策の検討

構成

委員長 早川 龍
副委員長 奥 猛志
委員 石通 宏行、大須賀 直人、島村 和宏、田中 晃伸、仲野 和彦、西田 郁子
牧 憲司、山﨑 要一