各種委員会の構成と役割

女性小児歯科医委員会 − Committee on Female Pediatric Dentist Relations

委員長 高野 博子

2010年に女性小児歯科医委員会が発足し、委員会の活性化と共に、学会の大会長・準備委員長に女性が就任することも増え、女性が重職に登用される機会も多くなってきました。しかし、20〜30歳代会員の約8割が女性であるにもかかわらず、出産・育児で学会を辞める、専門医を更新できないという声がいまだに聞かれるのが現実です。そこでこの委員会では、下記アクションプランにありますように、委員会とは別に、大学および開業医の理事の先生方からご推薦いただいた全国約60名の女性小児歯科専門医の先生方から構成されます「連絡協議会」と、メール討議や年1回の合同委員会で意見交換を行い、女性会員の学術支援・託児支援・キャリア支援を行っております。

女性小児歯科医委員会 アクションプラン
※クリックすると拡大表示されます。

活動目標といたしまして、今までSSS(Specialistの育成、Skill−up技術・能力向上、Social親睦・社会活動)を掲げておりましたが、今年度からSOS(Strategy戦略、Outcome成果・効果 Selection選択)を追加していきます。
お蔭様で、本大会での委員会企画学 術講演も7年前より毎年開催させていただき好評を得ています。託児室設置は、本大会及び6地方会大会で義務化され、過去4年間で若い会員の先生方の利用者が10倍に増えてきています。また、小児歯科医バンクは、一昨年前に設立され、登録施設も80件を超え順調に運営されています。今後はバンク事業を復職支援に繋げていきたいと思っています。

「いまこそ、女性小児歯科医師が輝くべきとき」です。「女性の元気」が「学会の元気」につながるよう委員会活動を推進していきますので、よろしくお願い申し上げます。

活動目標

SSS+SOS

事業計画

1.
SSSおよびSOSのためのアクションプランの推進
2.
学術大会における委員会企画の講演、シンポジウムの企画・実施
3.
学術大会、地方会大会における託児支援
4.
小児歯科医バンクの活用
5.
女性小児歯科医の復職支援
6.
その他、男女共同参画を推進している団体との交流

構成

委員長 髙野 博子
副委員長 馬場 篤子
委員 朝田 芳信、渥美 信子、井上 美津子、大川 玲奈、黒木 淳子、清水 武彦
名生 幸恵、浜野 美幸、藤岡 万里、光畑 智恵子