各種委員会の構成と役割

女性小児歯科医委員会

委員長 高野 博子

平成26,27年度の委員会の構成が決まり、今期前半の委員長を務めることになりました。女性小児歯科医委員会を立ち上げ、力強く推進してきた高野博子前委員長の流れをくんで、SSS(Specialistの育成、Skill−Up、Social)をさらに進めていきたいと考えています。

20〜30歳代の若手学会員の65%を占める女性会員の声に耳を傾け、彼らが活躍できる場を増やすことが、学会全体の活性化につながるものと思われます。全国各地の女性会員から手を挙げてもらって組織した「連絡協議会」のメンバーも52名となりました。大会における託児室設置の支援や、小児歯科医バンクの設立などの活動を、各地域の連絡協議会と連携して継続実施していくとともに、本学会における企画講演(シンポジウム)や小児歯科学会女医の会と連携した講演会の開催なども継続していきたいと思います。

「女性の元気」が「学会の元気」につながるよう委員会活動を推進していきますので、よろしくお願いいたします。

事業計画

1.
学術大会における委員会企画の講演、シンポジウムの企画・実施
2.
学術大会、地方会大会における託児支援
3.
SSSのためのアクションプランの推進
4.
NPO法人「女性小児歯科医師支援ネットワーク」の設立・運営の援助
5.
小児歯科学会女医の会との連携による講演会の実施
6.
医科の男女共同参画を推進している団体との交流

構成

委員長 高野 博子
副委員長 馬場 篤子
委員 朝田 芳信、渥美 信子、井上 美津子、黒木 淳子、清水 武彦、土岐 志麻
名生 幸恵、浜野 美幸、藤岡 万里、茂木 瑞穂