各種委員会の構成と役割

臨床研究推進委員会

委員長 齊藤 正人

本委員会では小児歯科領域の臨床に関するエビデンスの蓄積と臨床への反映を目的として、本委員会の委員および会員の先生のご意見を伺いながら、研究成果を国内外に発信して参りたいと考えております。

これまでに口唇閉鎖力測定装置の開発および更新閉鎖力の調査、Molar Incisor Hypomineralization (MIH)有病率の全国調査などを展開し、学術論文を投稿してきました。本任期では、すでに調査を終え解析中である「舌小帯短縮症と摂食機能障害や構音障害との関係における実態調査」と「乳歯完全脱臼歯再植の実態調査」の論文作成と、「CT画像解析による正中埋伏過剰歯の位置に関する実態調査」の解析および発表を遂行していきます。また、新たな研究プロジェクトを皆様から募る予定です。

臨床研究は、特に開業されている諸先生のご協力が欠かせません。会員の皆様におかれましては、本委員会の趣旨をご理解いただいた上で、調査・研究そして研究課題のご提案も含め積極的にご参加・ご協力いただければ幸いです。多数のご意見等お待ちしております。

構成

委員長 齊藤 正人
副委員長 飯沼 光生
委員(五十音) 石通 宏行、岡 暁子、倉重 圭史、繻エ 康生、近藤 亜子、佐野 正之
鈴木 淳司、田中 晃伸、仲野 和彦、中村 由紀、早崎 治明、星野 倫範