各種委員会の構成と役割

新認定医制度検討委員会

委員長 清水 武彦

新認定医制度検討委員会では、小児歯科学の専門的知識と技術を有する歯科医師を育成することにより、小児歯科医療の発展と向上をはかり、小児保健の充実と増進に寄与すること目的とした新認定医制度の構築と運用の在り方について検討してまいります。

本学会では認定医制度が運用されておりますが、現在この認定委員会を設けておらず、新たな資格の審査および認定を実施しておりません。本学会の専門医が日本歯科専門機構による認証をうけ、専門医制度が確実に運用されておりますが、各地区において地域差なく良質な小児歯科医療を国民に提供するためには、より広域に展開される新たな資格の制度設計が必要と考えられます。すなわち、地域主導の認定制度として、各地方会あるいは都道府県ごとの諸事情を鑑みて運用をはかるものと考えております。加えて、認定制度による歯科医師のキャリア形成は、質の高い歯科医療として国民に還元されるものと考えられます。

本委員会では、広く国民により良い歯科医療が提供できる社会環境を作ることを目指し、新認定医制度の運用を具体化するための検討を行ってまいります。

活動内容

・新たな認定制度の名称および枠組みの決定

・規則及び施行細則の作成

構成

委員長 清水 武彦
副委員長 石谷 徳人
委員(五十音) 朝田 芳信、有田 憲司、飯沼 光生、池尾 元三朗、島村 和宏、新谷 誠康
野本 知佐、濱田 義彦、春木 隆伸、松尾 博之