各種委員会の構成と役割

公益法人運営委員会

委員長 山ア 要一

日本小児科学会は1963年に任意団体として活動を開始しました。そして、平成16年9月1日に有限責任中間法人として歯科界で初めての法人格を有する学会となり、平成21年5月13日には一般社団法人に認定されました。

公益社団法人とは、社会における多くの人たちの公共の利益を積極的に図ることを目的とした団体を云い、内閣府への申請と審査を通して認定を受けることができます。歯科医療を通した子どもたちの健康増進を目指して活動してきた本学会のこれまでの実績を考えれば、健やかな子どもたちの将来を考える我が国を代表する学術団体として、公益法人の取得は必須のものと認識されます。

すでに、小児医療関係の学会では、日本小児科学会や日本小児保健協会、日本小児科医会が、また歯科関係でも、数多くの学会が公益法人に認定されております。

日本小児歯科学会では、この認定を目指して過去5年に亘って活動を積み重ねて参り、遂に2017年2月に、内閣府より承認を得ることができました。

今後は定款に基づいて付随する各種規則や運営方法の見直し修正など、組織改変のための活動を本委員会で進めて行くことになります。

本学会がより良い形で社会に貢献し、一層の発展を遂げるために、皆様のお力添えをよろしくお願い致します。

構成

委員長 山ア 要一
副委員長 木本 茂成、奥 猛志
委員 浅里 仁、新谷 誠康、田中 晃伸、仲野 道代、牧 憲司