各種委員会の構成と役割

診療ガイドライン委員会

委員長 苅部洋行

近年、診療ガイドラインの作成方法は大きく進展しています。その作成には、システマティックレビューという確立した方法によって、研究論文などのエビデンスを系統的な方法で収集し、採用されたエビデンスの全体を評価し統合することが求められています。基礎となるエビデンスは世界共通ですが、診療ガイドライン自体は、それが適用される国の医療制度によって異なるのが当然であり、その作成方法も、我が国に固有の事情を配慮することが望まれます。

本委員会は、臨床研究推進委員会および学術委員会と連携して、歯科医療者と患者のために活用できる質の高い診療ガイドラインを目指し、エビデンスの検索と評価、臨床上の課題ごとの推奨を示していきたいと考えています。

構成

委員長 苅部 洋行
副委員長 齊藤 正人
委員 大川 玲奈、岡 暁子、河上 智美、齊藤 幹、佐野 哲文、清水 武彦、中村 由紀
早川 龍、星野 倫範、森川 和政