学会会員専用ページ

日本小児歯科学会とは

子どもたちの矯正治療に関するQ&A

小児歯科医バンク

第55回日本小児歯科学会大会

JSPP 全国小児歯科開業医会

社団法人 日本小児科学会

健やか親子21

IAPD

IAPD2017

ohasys

事務局情報

公益社団法人 日本小児歯科学会
〒170-0003
東京都豊島区駒込1-43-9
駒込TSビル4階
一般財団法人 口腔保健協会内
TEL:03-3947-8891(代)

歯科衛生士コーナー

認定歯科衛生士制度について

症例に関する資料の作成基準および送付方法

[症例について]

1.
小児患者を5症例提示する
2.
全ての症例は定期健診まで進んでおり、2年以上経過の資料であること
3.
上記患者の病歴及び治療経過の記録を規定通りの症例報告書フォーム(別紙)に記す
症例報告書フォームの概要 病歴及び治療経過の記録について
 
1)初診時 口腔内写真:正面像、左右側面像、上下咬合面像の5枚
 (1)初診日
 (2)初診時の年齢
 (3)性別
 (4)主訴
 (5)現病歴
 (6)全身的所見
 (7)口腔内所見(歯式)
 (8)ブラッシングの環境
 (9)成育環境
 (10)治療方針
 
2)治療経過(随時)・定期健診移行時・定期健診中(随時)
  口腔内写真:正面像、左右側面像、上下咬合面像の5枚
 (1)再診日
 (2)年齢
 (3)口腔内所見(歯式)
 (4)管理中の経過報告
 (5)指導内容
 (6)指導計画
4.
症例報告書の口腔内写真は、鮮明な像が望ましく、基本的には、5枚(正面像、左右側面像、上下咬合面像)とする。既に終了した症例では、正面像あるいはメインとなる部の写真があれば、最低1枚でも可とする。口腔内写真の大きさは、高さ4,82o×幅7,22oに統一する。
5.
症例報告書の見出し、本文ともフォントをMSPゴシックで、フォントサイズは見出し32、本文16に統一をする。歯式内の歯式以外(CO,C1など)はフォントサイズを10で記す。
症例以外の研究や活動報告などのレポートも認定のための重要な資料として受けつけますので、ご留意ください(フォームについては小児歯科学会発表形式とする)。
 
例)公的機関に勤務され、実態調査などの報告
例)こどもの健康にかかわる予防の試み、活動の報告
例)こどもの健康のために研究報告

[注意事項]

1.
申請書類(様式1〜4)と認定試験料払い込みコピー(A4)は一括して綴じる。症例報告書(様式6)はA4サイズの紙に打ちだして、申請者一覧表(様式5)と別に一括して綴じる。
2.
書類はそれぞれ角2(A4)サイズの封筒にまとめて入れて、表面に自分の名前を記す。

[送付方法]

原則として「ゆうパック(書留)」または「宅急便」で各社の専用の袋を用いて送付する。
申請書類郵送先:〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込STビル4階
(一財)口腔保健協会内 公益社団法人日本小児歯科学会認定歯科衛生士係